看護師が退職を考える理由!

患者がやっと回復した頃には、また、次の患者が運ばれてきます.結局、ICUの勤務は、私には激務すぎて、2年で退職を決意することになりました。退職にあたっては、引き継ぎなど色々と大変でした。これは必ず次の担当の看護師の方にしなければいけないのでしっかりとしておくのがとても重要なことなんですね。

転職した病院にはICUがなく、今の病院に転職を決めるきっかけになったのは、看護師の離職率が低かったからです。看護師の転職サイトなどを利用して看護師求人でクリニックを希望してうまくICUがない今のクリニックに転職できたのは非常に恵まれているなと思います。

看護師にとっては働きやすいのが一番なので、決めたわけですが、実際に働きやすくて満足しています。職場の雰囲気も良く、年輩の看護師さんも優しいので、一番気にしていた人間関係にもホッとしています。

デイサービス、ショートステイ、訪問看護の仕事の違いは?

デイサービス、ショートステイ、訪問看護と言うと、何となくわかりにくく、どの仕事もそれほど違いがないように感じます。しかし、それぞれの仕事には特徴かあり、仕事内容は違います。まず、デイサービスの仕事は、対象者が、日帰りでレクリエーションや入浴、リハビリ、食事などに来た人になります。
参考>>>看護師転職サイト口コミ!あなたに合った求人を見つけるコツ!

仕事としては、バイタル測定による入浴の判断、軟膏塗布、血糖測定とインシュリン注射、服薬管理、傷の処置、摘便や浣腸などになります。通常、自宅でほぼ自立して生活している人が対象になるので、仕事的に判断や医療行為に苦労することはまずありません。そのため、看護師としてしっかりとやっていくためにはしっかりとそのあたりを把握していると転職をうまくいくでしょう。

どうして看護師になりたい人が多いの?

どうして看護師になりたい人が多いのでしょうか。看護師という仕事は、とても魅力的な仕事のうちの1つです。女性の社会進出が進んでいるとはいえ、女性は結婚したり出産したりで、仕事一筋に打ち込むのが難しく、働くことにおいてはまだ男性社会という現実があります。

その中で、女性がしっかりとした給料をもらえ、大いに活躍できる職業、それが看護師です。世の中が不景気だからといって患者の数が少なくなるわけではないので、病院に景気は関係ありません。昔も今もこれからも、看護師というのは安定した給料をもらえる仕事といえます。

そして、結婚などをして子供を生まれた後にもパートとして働くことも可能なんです(高収入!看護師をパートで考えてるあなたにおすすめの求人情報!)看護師にはいろいろな働き方があるので看護師の資格を取っておけば非常にこれからの社会を非常に生きやすくなっているんですね。看護師の資格は有利な資格なんですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ